腸内環境が悪くなるとどうなるの?

腸内環境が悪いと美容にも健康にも悪影響が!

 

腸内環境のバランスが大事だというフレーズはとてもたくさん聞きますが、じゃあ腸内環境が悪いままだと具体的にどうなるの?という疑問が湧きますよね。

 

悪玉菌優勢の腸内環境を放置しておくと結構怖い事に・・・。

 

腸内で腐敗が起きる

悪玉菌が繁殖してしまった腸内では腐敗が起き、有毒ガスや有毒物質が大量に発生し、それが腸内の壁から吸収されて肝臓に負担をかけます。肝臓が疲弊して機能が低下すれば、体内の解毒作用がすべて低下してしまいますので、体内に有害な物質が血液に乗って巡ってしまいます。

有害な発がん性物質が出来る

悪玉菌が優位になって生まれてしまう有害物質の代表的なものとしては、アンモニア、硫化水素、スカトール、アミン、インドール、フェノールなどです。フェノールは発がん性物質で、腸内の壁を長い年月傷つけ続けることで、がんを誘発するリスクもあります。

 

アミンが食べ物の中の硝酸から作られる亜硝酸と結合すると、発がん性物質ニトロソアミンに変化します。胆汁酸に悪玉菌が加わると、大腸がんの一因と言われるデオキシコール酸などに変化します。

老化が早まる

大きな病気は免れても、体内に有害なものが溜め込まれた状態が続くと腸内がアルカリ性になって運動機能が低下します。便秘にもなりますし、血行が悪くなって冷えや痛みなども起こります。

 

肌に吹き出物や湿疹が出来たり、炎症となって現れる場合もあります。全体的には、身体の老化が急速に早まると言えます。女性の方としては老化が早まるのはどうしても避けたい所ですね。

 

本当に、悪玉菌は人間にとってはいいことは一つもない、最悪のはたらきしかしないのです。ですが、腸内環境を整えて正常化させるのは、乳酸菌やオリゴ糖を使えば、それほど難しくありません。善玉菌を優勢にする。ただそれだけで良いのです。


乳酸菌とオリゴ糖を摂取しよう

腸内の環境を整えてくれる物質として最も有名で効果も高いものとして、
「乳酸菌」「オリゴ糖」の2つがよく取り上げられています。

 

それぞれ、腸内に存在する善玉菌としての役割を果たしてくれるのと同時に老廃物や毒素を取り込む悪玉菌を排出してくれます。腸内環境改善には欠かせないオリゴ糖と乳酸菌は正しい方法で摂取していきましょう。

 

【気をつけておきたい摂取量】

人それぞれによって腸内環境の状態は違うように、それぞれの状態に合わせた摂取量が必要となります。

 

例えば、オリゴ糖は基本的に大さじ2杯ほどが目安となっていますが、ひどい便秘の場合は大さじ5杯を摂らなければなりません。逆に便秘ではなく、腸の調子を整えておきたいのならば大さじ1杯が目安となります。

 

乳酸菌は、目安は200g〜300g程度と認識されています。

 

ただ、乳酸菌の種類によってすぐ胃酸に溶けてしまうものや腸まで行き渡らせることができないケースもあるようです。胃酸に強い乳酸菌を選ぶ場合は、自分の体調も考えながら摂取していくことをお勧めします。

 

胃腸をすぐに壊してしまう人は大量摂取は避けておいた方が良いでしょう。毎日少しずつ摂取していくだけでも効果はあるので、摂取量が多いほど効き目があるとは限りません。

 

【食品で難しい場合はサプリメント】

乳酸菌やオリゴ糖は食品からも気軽に摂取することができますが、十分に摂取できるとは正直はっきり言うことはできません。毎日食べていても効き目が一向に現れない場合は、十分に摂取できていない可能性があります。そのような場合は、乳酸菌サプリメントを利用してみて下さい。

 

乳酸菌サプリメントは、必要な成分がちゃんと入っているので効率的に摂取することができるでしょう。しかし、ここでも注意してもらいたいのは摂取量です。サプリメントに記載されている摂取量をきちんと把握して、自分の体調をみながら活用していって下さいね。

 

サプリメントなら水やお湯などと一緒に飲むだけなので毎日簡単に続ける事ができますね。ヨーグルトとかだと、毎日食べるのはお金をかなり掛かるし、カロリーや糖分なども気になる所・・・

 

だけどサプリメントならカロリーや糖分など全く気にしないでいいのもメリットです。サプリメントは入っている乳酸菌の数も多いし、胃酸に強い加工がされているので生きたまま腸まで届くので効果も高いですね。

 

腸内環境が悪いのが気になっている人や美容・健康の為に腸内環境を整えたいという人は、手軽に始める事ができる乳酸菌サプリメントを始めてみては如何でしょうか?


腸内環境を整える乳酸菌サプリメントはコレ!

生きて腸まで届く乳酸菌サプリメント一覧

 

リピート率85.7%の定番乳酸菌サプリメントがコレ!

乳酸菌革命は胃酸で死滅しない有胞子乳酸菌をたっぷり配合したサプリメント。話題のラクトバチルス乳酸菌が6種類に加えて、善玉菌のエサになってくれるオリゴ糖や酵母エキスなども同時に入っています。新しい乳酸菌を増やしながら既存の善玉菌も増殖させます。

価格

単品62粒:2,880円(税込)
定期62粒:2,730円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約92円)(1日2粒・カプセルタイプ)

乳酸菌・成分

ラクトバチルス アシドフィルス、ラクトバチルス ブルガリスク、ラクトバチルス ガッセリー、ラクトバチルス ブレビス、ラクトバチルス カゼイ、ビフィズス(3種類)、ラクトバチルス ヘルベティカス、オリゴ糖、酵母エキスなど

業界No.1!1兆個の乳酸菌が取れるサプリ!

久光製薬の乳酸菌EC-12は1袋に1兆個もの乳酸菌(フェカリス菌)を配合したサプリメント。業界でも圧倒的No.1の乳酸菌数を誇るサプリになっています。顆粒タイプになっているので子供でもお年寄りでも手軽に摂取できるのがポイント。フェカリス菌は白血球の働きを強くする働きが強力な事が実験でも分かっています。

価格

お試し30包:1,955円(税込)
単品61粒:6,480円(税込)
定期61粒:5,832円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約65円)(1日1包・顆粒タイプ)

乳酸菌・成分

フェカリス菌、オリゴ糖など

最安コストで人気!カスピ海ヨーグルトの乳酸菌

善玉菌のチカラはカスピ海ヨーグルトで使われている生きて大腸まで届くクレモリス菌を1粒に20億個以上も凝縮。脂質が0.01gでカロリーも0.71kcalしかないのでダイエット中でもOK。1日あたりのコストは約62円と他の乳酸菌サプリメントと比べても圧倒的な安さ。

価格

単品31粒:1,950円(税込)
定期31粒:1,175円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約62円)(1日1粒・カプセルタイプ)

乳酸菌・成分

クレモリス菌FC株、カルシウムなど

どの乳酸菌を飲めばよいのか分からないなら…

花菜の選べる乳酸菌は1日たった2粒で5000億個もの乳酸菌が取れるサプリ。しかも8種類の違ったタイプの乳酸菌が入っているので、どんなタイプの人にも効果を発揮する万能性があります。5000億個のパワーは凄すぎ。一気に体質改善したい方向け。

価格

単品60粒:6,000円(税込)
定期60粒:3,000円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約200円)(1日2粒・粒タイプ)

乳酸菌・成分

植物性ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌、植物性ラブレ菌、ビフィズス菌、フェカリス菌、ケフィア菌3種など

珍しい食べるゼリータイプの乳酸菌がコレ!

乳酸菌宣言はカプセルとか粒とかではなく、全く新しい食べるゼリータイプで女性に爆発的な人気になっています。1本に4種類のタイプに違う乳酸菌を配合。さらに乳酸菌のエサになってくれるガラクトオリゴ糖をヨーグルトの52倍も配合。脂質はゼロだし砂糖も不使用だから安心して毎日続ける事ができます。

価格

単品30本:2,036円(税込)
定期30本:967円(税込)
(※1日あたりの価格⇒約67円)(1日1本・ゼリータイプ)

乳酸菌・成分

ビフィズス菌、FK-23、植物性乳酸菌、フェカリス菌(EC-12)、オリゴ糖など

自分に合った乳酸菌サプリメントを選びましょう

様々な病気を未然に防ぐことができる腸内環境は、サプリメントを摂取することで改善することができます。

 

不健康な腸よりも健康的な腸の方が体も楽になります。
腸内環境を整えることができるサプリメントはいろんな種類があるので自分に合ったものを選びましょう。

 

乳酸菌

多くの食品メーカーから善玉菌である乳酸菌サプリメントが発売されています。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌だけではなかなか摂取できないものもサプリメントであれば乳酸菌の力が一粒に凝縮されているため、効率良く摂取することができるでしょう。

 

乳酸菌サプリメントでもスティックタイプと粒タイプなどいろんな種類があります。サプリメントは飲み続けることで効果が期待できる健康補助食品です。自分が長く続けることができるサプリメントを選びましょう。

アシドフィルス菌

最近、アメリカで善玉菌のひとつとして腸内環境改善に最も注目されているのがアシドフィルス菌のサプリメントです。アシドフィルス菌は胃酸に非常に強い菌なので、胃内で溶けることなく、腸にダイレクトに届けることができます。

 

また、高温に弱い乳酸菌ですが、アシドフィルス菌は高温にも強いので腸内の中に居続けることができるのです。胃酸と高温に強い善玉菌であるアシドフィルス菌のサプリメントはこれから注目してほしい商品となっています。乳酸菌革命活き活き乳酸菌にアシドフィルス菌が入っています。

 

 

ぜひ色々なサプリメントを比べてみて下さい。

 

比べてみることでどのサプリメントが1番コストパフォーマンスに優れているのか、どのような点が良くて悪いのか、メリットだけでなくデメリットも把握することができるでしょう。より良いサプリメントを選び、腸内環境をよりよく改善していくことができるはずです。