ケース別の腸内環境を整える方法

腸内環境を整えるためには少しコツがあります。

 

まずは、あなたがどのような目的があって腸を改善したいかで方法が変わってきます。便秘を解消したいのか、肌荒れを防止したいのか、それとも免疫力や体の機能を上げたいのか…目的は人それぞれです。

 

便秘解消の場合

便秘解消のために腸内環境を整えるならば、食物繊維が豊富な野菜とオリゴ糖の摂取がお勧めです。腸にはたくさんの老廃物や毒素が溜まってしまっています。溜まってしまったものをすべて排出しなければ腸内環境が整えられません。食物繊維は溜まってしまった老廃物を流してくれます。和食中心の食生活に変え、善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖を積極的に摂取していきましょう。

肌荒れ防止の場合

老廃物・毒素が溜まってしまうと便秘と同時にお肌にも大きな影響を与えることになります。悪循環にならないためにも善玉菌として強い性質を持っているビフィフス菌、酵母菌の摂取を心がけると良いでしょう。ビフィフス菌は善玉菌としての機能だけでなく、悪玉菌の発生を抑制することもできます。お肌に悪影響を及ぼす毒素をなくしてくれるのでお勧めです。

免疫力UP・機能向上の場合

腸内環境を整えておけば、老化や悪い病原体から守ってくれます。免疫力を向上させることができるのは、フェカリス菌と呼ばれる乳酸菌が適格でしょう。フェカリス菌は、免疫力そのものである細胞、マクロファージを活性化してくれる働きを持っています。マクロファージが活性化されれば、免疫力も上がり、腸内に悪玉菌が溜まることもないでしょう。