腸内環境改善法〜運動

腸内環境を整えるには、適度な運動も効果的です。

 

これは自分の筋肉を動かすことで腸のぜん動運動を促進したり、代謝を上げて循環を良くしたり、止まっているものを動かすという意味で有効でしょう。体温が1度上がると健康になると言われるくらい、細胞のひとつひとつが活発に活動するのは大切なことです。

 

免疫力のアップにもつながると言いますから、面倒がらずに適度な運動は摂り入れる必要がありますね。
良いのは有酸素運動で、ウォーキングしたりジョギングしたり、水泳やストレッチ、ヨガなどが有効です。

 

特に便秘がひどい人は、息を止めて力を込めるような運動をすると血圧が上がったり頭痛や腹痛が起こったり、動悸がしたりして体調が一気に悪くなってしまう可能性がありますので、筋肉トレーニングのような力む運動は避けましょう。

 

それよりも、身体の中で硬くなっている部分をほぐすように、ゆったり大きく伸ばすような運動をしたほうが腸のためになります。すでに腸内環境が悪玉菌優勢になりつつある人は、ちょっと歩いただけでも疲労感があったり、だるくなって辛いと感じるかもしれません。

 

でもまったく身体を動かさず、ただヨーグルトを食べていたとしても腸内環境は改善しないでしょう。
お腹の中にすでに発生しつつある有毒な物質やガスは、一度スッキリ体外へ出す必要があります。
それには、やはり何もせずただ寝ているだけというわけにはいかないのです。

 

まず要らないものを捨てること、そして空いたところに良いものを入れていくことです。
部屋の片付けをするように、一度腸内の片付けをすると良いですね。