腸内環境改善法〜ヨーグルト

ヨーグルトが腸内の善玉菌を育てるのにとても役立つというのは事実です。

 

100年も前に出版された海外の学者の論文には、ヨーグルト不老長寿説というすごいタイトルがついているくらいですから、その圧倒的な効果には世界中が注目していたことがわかりますね。

 

ただ、必ずしも生きた菌が腸へ届かなくても腸内の善玉菌は増えるそうです。

 

第一人者である光岡博士によると、生きていようが死んでいようが、有用な善玉菌を含むヨーグルトを摂取すれば、自分の腸内の善玉菌が増えるそうです。これもまた不思議な作用ですね。

 

メカニズムがはっきりとわかっているわけではないとのことですが、人間の腸内にいない菌であっても、生きた菌でも死んだ菌でも、善玉菌が腸へ入れば自分の持っている善玉菌が増えるということは事実なのです。

 

最近よく聞くようになった善玉菌は、ブルガリア菌、カゼイ菌、アシドフィルス菌などですね。
ヨーグルトのパッケージにも、どんな菌でどんな株なのかをきちんと表示するメーカーが増えました。

 

それだけたくさんの人が腸内環境について興味を持ってきたということですから、とても良いことでしょう。ヨーグルトもどんどん進化しています。また、ヨーグルトは整腸作用以外にも、免疫機能を高める作用があることがわかって来ています。

 

アレルギーに対する改善効果など、いろいろ研究されていますね。
すべては腸内環境が善玉菌優勢となり、身体全体に良い影響を及ぼすことが鍵となっています。