乳酸菌とは

TVCMでもよく聞く言葉でもある「乳酸菌」。ヨーグルトや牛乳、チーズといった発酵食品などによく含まれている菌ですが、乳酸菌についてあまり詳しく知らない人も多いでしょう。

 

乳酸菌とはどのような菌なのかみていきたいと思います。

 

乳酸菌は、動植物どちらにも属さない細菌のひとつです。
細菌にも悪いものや善いものといった様々な種類があります。

 

乳酸菌はものすごく小さな細菌であり、人間にとって嬉しい働きをしてくれる細菌です。食べ物に含まれている乳酸菌も、その食品によって種類が違いますし、特徴も違いがあります。

 

例えば、乳酸菌の代表食品と言えるヨーグルトの乳酸菌は、他の食品よりも量がたくさん入っています。ラクトバチルスブルガリカス菌やストレプトコッカスサーモンフィラス菌といった乳酸菌が含まれており、ヨーグルトの香りやなめらかさを生み出してくれる乳酸菌となっています。

 

ヨーグルトの精製方法によっても乳酸菌の種類が変わり、メーカーによっても違うということを覚えておいて下さい。

 

私たちの体の中に入った乳酸菌は善玉菌となり、体の中に溜まってしまった悪玉菌や毒素、老廃物を排出してくれます。善玉菌は、糖質を分解し、悪玉菌が苦手とする酸性の酢酸や乳酸を作り出してくれます。

 

このような働きがあることから腸内環境を改善してくれる細菌として、注目されている菌でもあるのです。乳酸菌=善玉菌であり、外からやってくる病気のもとになる物質をやっつけてくれる酸性を腸内でつくりだしてくれる優秀な物質。

 

最近便秘気味だなぁ、腸がおかしいなぁ…と感じる方はぜひ、乳酸菌に注目してみてはいかがでしょうか。