乳酸菌の効果

発酵食品に含まれていることが多い乳酸菌は、私たちにどのような働きを見せてくれるのでしょうか。

 

私たちの体に良い効果をもたらしてくれると言われている乳酸菌にはたくさんの種類があります。実は、既に腸の中に存在している菌のひとつでもあり、良い働きを行ってくれる善玉菌の代表格になっています。

 

善玉菌としての乳酸菌

腸の中で善玉菌となって悪玉菌から体を守ってくれる大事な役割を乳酸菌は持っています。

 

赤ちゃんには免疫力がまだ備わっていないため、腸内にはたくさんの善玉菌があり、様々な病原菌を守ってくれるように、乳酸菌は大人になった人の体でも良い働きをしてくれるようになっているのです。

 

大きな病気を未然に防ぐための大切な菌です。

腸内環境の改善

乳酸菌の効果として1番有名なのが、腸内環境の改善です。

 

腸は食事で摂取した食べ物や飲み物の栄養、成分を吸収してくれる重要な器官でもあります。腸の働きが弱まり、エネルギー源となる栄養素を十分に吸収することができなくなってしまえば、体中の機能も低下してしまいます。

 

腸の活性化を促す乳酸菌は非常に大事な菌なのです。

アレルギー緩和

乳酸菌は、アレルギー作用を緩和してくれる効果も持っています。

 

乳酸菌が含まれている食品を積極的に摂取した人と乳酸菌を摂取しない人に分かれて研究を行ったところ、乳酸菌を積極的に摂取した人のみがアレルギーが緩和されたという結果となりました。

 

アレルギーだけでなく、花粉症にも効果的だといわれているので、アレルギーが活発化する物質の抑制に力が働いたと言われています。